MUGENでなんじゃかんじゃやってる人のブログ
この記事は鎌倉・鬼怒川・東京旅行の後半戦です
前半をまだ読んでいない方はそちらから先に読まれる
ことをおすすめします

ある意味今回のメインな3日目
去年の5月、8月にも観光に付き合ってもらった2人
むすさんとにけさんが今年も付き合ってくれました
突然の誘いを快く受けてくれた2人にはいつも感謝

浅草には2人ともよく来るそうなのでおすすめのところに
案内してもらいました
雷門
雷門から仲見世通りを抜け、途中で揚げまんじゅうを食べ
つつ浅草寺へ

浅草寺
各々頭だったり身体だったり治したいところに煙浴びたり
おみくじで運試し(?)したり
むすさんが直感で「今おみくじ引いたら良い気がする」って言って引い
たら大吉だったのには驚いた
ちなみに私は吉で、「どんな困難があっても周囲が協力してくれるが、
結果を焦っては努力も無駄に終わる」みたいなことが書かれてました
にけさんは凶でした、にけさんェ・・・

次に濃い抹茶アイスが食べられるという『壽々喜園』に
3人でそれぞれ濃さの違う抹茶アイスを買って食べ比べ
抹茶アイス
7段階の濃さがあるとのことで2段階ずつずらしてみました
2段階違うだけでも全然味わいが違ってくるんだなって

また仲見世通りに戻った一行は甘味何処へ
昼食の時間にあんみつやぜんざい食べたりする私たち
その後はまた別の店で揚げまんじゅう食べました
天ぷらの店が作ってる揚げまんじゅうとのことで、衣がついてて
ごま油のいい香りが
中のあんこは水気が飛んだのか粘りがないパサパサした感じに
なってました、だがそれがいい

そのまま仲見世通りを後にして合羽橋方面へ
どうも一風変わった専門店街だそうで

食器、調理器具、食品サンプルと料理店の道具を売ってる店が
多いみたい
喫茶店やバーで使うような器具が並んでる店に寄ってみたり食品
サンプルの店に寄ってみたりなかなかおもしろい

喫茶店で一休みしながら私がカメラで撮ってきた旅行の写真を
2人に見せたりして、次の目的地へ

次はこ↑こ↓
みつを美術館
人づてにこんな美術館があると聞いていて、一度行ってみたいと
思ったのでこの機会に
館長は相田みつをさんの実子である一人さんがされているそうな

みつをさんのことばを見てるとこう、心にグサリとくる内容が多い
自分の心の醜いところを抉ってくる
あの短い詩が原稿用紙いっぱいの文章を削って簡略化したもの
で、失敗作の山がアトリエいっぱいに広がるくらい何度も書いた
という話を聴いたりしているとさらに深みを感じる
父親がここに行ってみたいそうなので機会があれば連れて来よう
かしらね(

部屋に置くために買った一枚
めぐりあい
私はそんな人間になれているのだろうか・・・
1人でもそう言ってくれる人がいたのならありがたいよね

そんなわけでお腹も空いてきたころ
事前に予約しておいた牛タン焼肉の店へ

牛タン
各々好きなものを注文して美味しい牛タンを満喫
いろんな話も交えているとうちに時間は過ぎてしまいました

夜の東京駅
翌日朝から仕事がある人もいるので、お土産を渡して最後に
夜の東京駅を見てお別れ
むすさんにけさん1日お付き合い本当にありがとうございました
また関東へ行くことがあればどうぞよろしく

2人とお別れした後はスパ銭で1日の汗を流してゆっくりしてから
新宿へ

バスタ新宿
ぴよさん初めての夜行バス
独立3列シートのバスだけども予想以上に狭くて荷物をどこに
置くか手間取る、シートのリクライニングレバーが見つからず
焦る、高速道路に乗るまでの間に乗り物酔いしかける、道中
何度も目が覚める、降車地を間違えるなどあったけども無事
自宅に帰りつきました
座りっぱなしだったために足が今までにないくらい浮腫んで、
靴下を脱いだらえらいことになってたのでちょっと私に長距離
バスは合わないみたいです

そんな3日間の関東旅行でした
お世話になった方々ほんとうにありがとうございました

またいつか長期の休みができたら旅行はする予定
次は広島か、仙台か、函館か・・・行ってみたい場所は尽き
ないです


追記を閉じる▲
去年の5月、8月にも観光に付き合ってもらった2人
むすさんとにけさんが今年も付き合ってくれました
突然の誘いを快く受けてくれた2人にはいつも感謝

浅草には2人ともよく来るそうなのでおすすめのところに
案内してもらいました
雷門
雷門から仲見世通りを抜け、途中で揚げまんじゅうを食べ
つつ浅草寺へ

浅草寺
各々頭だったり身体だったり治したいところに煙浴びたり
おみくじで運試し(?)したり
むすさんが直感で「今おみくじ引いたら良い気がする」って言って引い
たら大吉だったのには驚いた
ちなみに私は吉で、「どんな困難があっても周囲が協力してくれるが、
結果を焦っては努力も無駄に終わる」みたいなことが書かれてました
にけさんは凶でした、にけさんェ・・・

次に濃い抹茶アイスが食べられるという『壽々喜園』に
3人でそれぞれ濃さの違う抹茶アイスを買って食べ比べ
抹茶アイス
7段階の濃さがあるとのことで2段階ずつずらしてみました
2段階違うだけでも全然味わいが違ってくるんだなって

また仲見世通りに戻った一行は甘味何処へ
昼食の時間にあんみつやぜんざい食べたりする私たち
その後はまた別の店で揚げまんじゅう食べました
天ぷらの店が作ってる揚げまんじゅうとのことで、衣がついてて
ごま油のいい香りが
中のあんこは水気が飛んだのか粘りがないパサパサした感じに
なってました、だがそれがいい

そのまま仲見世通りを後にして合羽橋方面へ
どうも一風変わった専門店街だそうで

食器、調理器具、食品サンプルと料理店の道具を売ってる店が
多いみたい
喫茶店やバーで使うような器具が並んでる店に寄ってみたり食品
サンプルの店に寄ってみたりなかなかおもしろい

喫茶店で一休みしながら私がカメラで撮ってきた旅行の写真を
2人に見せたりして、次の目的地へ

次はこ↑こ↓
みつを美術館
人づてにこんな美術館があると聞いていて、一度行ってみたいと
思ったのでこの機会に
館長は相田みつをさんの実子である一人さんがされているそうな

みつをさんのことばを見てるとこう、心にグサリとくる内容が多い
自分の心の醜いところを抉ってくる
あの短い詩が原稿用紙いっぱいの文章を削って簡略化したもの
で、失敗作の山がアトリエいっぱいに広がるくらい何度も書いた
という話を聴いたりしているとさらに深みを感じる
父親がここに行ってみたいそうなので機会があれば連れて来よう
かしらね(

部屋に置くために買った一枚
めぐりあい
私はそんな人間になれているのだろうか・・・
1人でもそう言ってくれる人がいたのならありがたいよね

そんなわけでお腹も空いてきたころ
事前に予約しておいた牛タン焼肉の店へ

牛タン
各々好きなものを注文して美味しい牛タンを満喫
いろんな話も交えているとうちに時間は過ぎてしまいました

夜の東京駅
翌日朝から仕事がある人もいるので、お土産を渡して最後に
夜の東京駅を見てお別れ
むすさんにけさん1日お付き合い本当にありがとうございました
また関東へ行くことがあればどうぞよろしく

2人とお別れした後はスパ銭で1日の汗を流してゆっくりしてから
新宿へ

バスタ新宿
ぴよさん初めての夜行バス
独立3列シートのバスだけども予想以上に狭くて荷物をどこに
置くか手間取る、シートのリクライニングレバーが見つからず
焦る、高速道路に乗るまでの間に乗り物酔いしかける、道中
何度も目が覚める、降車地を間違えるなどあったけども無事
自宅に帰りつきました
座りっぱなしだったために足が今までにないくらい浮腫んで、
靴下を脱いだらえらいことになってたのでちょっと私に長距離
バスは合わないみたいです

そんな3日間の関東旅行でした
お世話になった方々ほんとうにありがとうございました

またいつか長期の休みができたら旅行はする予定
次は広島か、仙台か、函館か・・・行ってみたい場所は尽き
ないです

【2016/08/14 23:00】 | 旅行記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック